源氏物語 引用とゆらぎ

  中西 智子 著
 

新典社研究叢書 310

  A5上製カバー
 

978-4-7879-4310-1

 

10,000円+税


作り手が、読み手との間の解釈のゆらぎを利用して構築した物語世界を、源氏物語の引用の創造性と記憶の共有に注目しつつ考究する。

 
 

続・王朝文学論―解釈的発見の手法と論理―

  圷 美奈子 著
 

新典社研究叢書 312

  A5上製カバー
 

978-4-7879-4312-5

 

20,500円+税


万葉以来の和歌を基軸に伊勢物語や源氏物語、枕草子の知られざる意味を新しく読み解き「解釈的発見」の意義と手法を示す王朝文学論。

 

古代中世文学論考 第38集

  古代中世文学論考刊行会 編
 

 

  A5上製カバー
 

978-4-7879-3538-0

 

7,600円+税


日本古代から中世の文学を扱う投稿論集、第38集。六条院の馬場殿の規模について/大阪城天守閣蔵『聚楽行幸記』解題・翻刻/ほか計10本。

   

 

 

 
 
 
 
  トップページ個人情報保護方針会社情報(新典社ウェブサイト) cCopyright Shintensha All rights reserved.