内田百閒論 他者と認識の原画

¥12,000

第一・第二創作集『冥途』『旅順入城式』所収のテクストを研究対象とし、構造論的考究により、近代文学における内田百閒の文学の新たな位置づけの可能性とともに、〈作者〉の像を見出す。


著者 大谷哲 著
カテゴリー 新典社研究叢書
判型 A5上製カバー
ISBN 978-4-7879-4224-1
商品コード: 9784787942241 商品カテゴリー:

目次

  序章
第Ⅰ部
 第一章 『冥途』と『夢十夜』「第三夜」の構造
      一―一 「花火」「木霊」の構造 内部という異界 向こうへの跨ぎ
      一―二 「道連」「柳藻」の構造 経験と転移のストラテジー
      一―三 分析から見えること
 第二章 夏目漱石「第三夜」
      近代と語りの装備の模索
第Ⅱ部
 第三章 『冥途』とフォークロア
      三―一 境界/民俗、モード/コード、テクスト/パラテクスト
      三―二 「短夜」 越境・侵犯する語り手
      三―三 「件」 死の観念 あるいは〈言語以前〉の物語
 第四章 日露戦後の「物語」考
      「琴のそら音」「趣味の遺伝」など
 第五章 森外「山椒大夫」 近代小説の可能性から
      近代・文学・物語/歴史
 第六章 近代文学とフォークロアの横断的考察
      六―一 柳田國男を軸にして
      六―二 補遺 「短夜」「件」再考
第Ⅲ部
 第七章 近代の物語 物語の近代
      七―一 「旅順入城式」 映画と語りの振幅 その内と外
      七―二 「先行者」 解体する物語の「近代」 「私」の内と外
      七―三 「旅順入城式」と「先行者」の〈作者〉の像
 第八章 「七體百鬼園」 言語の不透明性と透明な文章のあわいに
      語り手―〈作者〉―制作者への通路として
 第九章 観念の叙法
      九―一 「冥途」の叙法 観念のモード
      九―二 言説空間の中の〈冥途〉
  終章 結論と今後の課題

主要参考文献一覧/初出一覧/あとがき/索引

Amazonでご購入(各種決済対応)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から「Amazonで購入」をクリックまたはタップし、リンク先でご購入ください。
  • Amazon.co.jpに在庫がない書籍も、版元ならびに倉庫には在庫がある可能性がございます。品切表示の折はお問い合わせください。
  • Amazonマーケットプレイスにおける、「株式会社 新典社」からの出品は弊社からの直送です。
  • 領収書等各種書類については、Amazon.co.jp上でお手続きください。弊社から書類を発行することはできません。

PayPalでご購入(クレジット決済のみ)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から、弊社に直接、書籍をご注文をいただくことができます。
  • 発送は日本国内のみ、送料は全国一律で650円(税抜)です。
  • ご注文後、弊社より在庫状況および発送予定日をご連絡申し上げます。
  • 品切、あるいは倉庫からの取り寄せとなる可能性がございます。
  • お客様都合によるキャンセルの受け付けは、発送予定日前日までとなります。
  • 品切の際は、PayPal決済を未承認とし、ご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
  • 一部品切の際は改めてご連絡を申し上げます。
  • 発送は、佐川急便です。発送完了後に問い合わせ番号を添えてご連絡申し上げます。
  • お問い合わせはできるだけ、メールにてお願い申し上げます。

その他支払方法をご希望の方

  • 「メールでのお問い合わせはこちら」からお問い合わせください。