出雲国風土記の神話と思想

¥12,980

【明治大学人文科学研究所叢書】
出雲臣広嶋は国造であると同時に郡司でもあった。朝廷を視野に入れながら出雲国風土記の編纂に従事した広嶋の矜持とは。地誌に貫かれた思想を、行政・成立・世界観・文学性の観点から立体的に考究。


著者 伊藤剣 著
カテゴリー 単行本(研究書・資料・他)
判型 A5上製
ISBN 978-4-7879-5519-7
商品コード: 978-4-7879-5519-7 商品カテゴリー:

説明

目次

    凡 例

  序 章 現伝『出雲国風土記』をめぐる筆者の問題意識

第一部 律令官人と風土記―行政文書としての風土記の性格―
  第一章 実務性と表現効果―産物記事をめぐって―
  第二章 律令官人出雲臣広嶋の風土記編纂意識―『出雲国風土記』秋鹿郡恵曇浜条を中心に―
  第三章 地誌における政治的主張―『肥前国風土記』松浦郡値嘉郷条について―

第二部 現伝『出雲国風土記』の成立とその構成―『日本書紀』の神話と『出雲国風土記』―
  第一章 『日本書紀』神代巻の受容状況
  第二章 現伝『出雲国風土記』の『日本書紀』受容態度―巻頭付近を中心に―
  第三章 出雲臣広嶋が期した風土記の構成―上下二巻構成とその意味―
  第四章 現伝『出雲国風土記』の成立をめぐって―『日本書紀』にもとづく再撰の営み―

第三部 『出雲国風土記』の世界観―大穴持命の「天下」―
  第一章 大穴持命を中心とした神話世界
  第二章 『出雲国風土記』の出雲と越―「天下」の創出―
  第三章 『出雲国風土記』における山川の位置付け―大穴持命の出雲国統治―
  第四章 ヤマタノヲロチ退治譚への態度

第四部 『出雲国風土記』の文学性―文字化と編纂―
  第一章 口誦と表記
  第二章 郷次と『出雲国風土記』の編述
  第三章 編纂物としての『出雲国風土記』

  終 章 出雲臣広嶋の思想書としての現伝『出雲国風土記』

    初出一覧
    引用文献一覧
    あとがき
    索  引

Amazonでご購入(各種決済対応)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から「Amazonで購入」をクリックまたはタップし、リンク先でご購入ください。
  • Amazon.co.jpに在庫がない書籍も、版元ならびに倉庫には在庫がある可能性がございます。品切表示の折はお問い合わせください。
  • Amazonマーケットプレイスにおける、「株式会社 新典社」からの出品は弊社からの直送です。
  • 領収書等各種書類については、Amazon.co.jp上でお手続きください。弊社から書類を発行することはできません。

PayPalでご購入(クレジット決済のみ)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から、弊社に直接、書籍をご注文をいただくことができます。
  • 発送は日本国内のみ、送料は全国一律で650円(税抜)です。
  • ご注文後、弊社より在庫状況および発送予定日をご連絡申し上げます。
  • 品切、あるいは倉庫からの取り寄せとなる可能性がございます。
  • お客様都合によるキャンセルの受け付けは、発送予定日前日までとなります。
  • 品切の際は、PayPal決済を未承認とし、ご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
  • 一部品切の際は改めてご連絡を申し上げます。
  • 発送は、佐川急便です。発送完了後に問い合わせ番号を添えてご連絡申し上げます。
  • お問い合わせはできるだけ、メールにてお願い申し上げます。

その他支払方法をご希望の方

  • 「メールでのお問い合わせはこちら」からお問い合わせください。