古代中世文学論考 第37集

¥6,200

日本古代から中世の文学を扱う投稿論集、第37集。万葉歌人・中古物語や日記文学・中世軍記や和歌・歌合などを考察する新出論考、懐風藻校本研究など。査読論文合計7本を収載した。


著者 古代中世文学論考刊行会 編
カテゴリー 古代中世文学論考
判型 A5上製カバー
ISBN 978-4-7879-3537-3
商品コード: 9784787935373 商品カテゴリー:

目次

石上堅魚・大伴旅人におけるホトトギス詠について―卯の花・花橘の取り合わせを中心に―(孫☆)(☆=王+韋)
懐風藻校本 本文篇四(土佐朋子)
『うつほ物語』から『源氏物語』へ―寒暖語「暑し」の系譜の変遷―(山際咲清香)
道綱母と時姫の二組の贈答歌―『蜻蛉日記』上巻前半部における町の小路の女の存在と関わって―(堤和博)
塩湯浴歌考―「歌林苑」再論―(木村尚志)
『六百番歌合』の「九月九日」題―中世歌人の漢詩文受容をめぐって―(蔡雅如)
『平家物語』千手前の朗詠・今様とその文化史的背景(須藤あゆ美)

執筆者紹介

Amazonでご購入(各種決済対応)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から「Amazonで購入」をクリックまたはタップし、リンク先でご購入ください。
  • Amazon.co.jpに在庫がない書籍も、版元ならびに倉庫には在庫がある可能性がございます。品切表示の折はお問い合わせください。
  • Amazonマーケットプレイスにおける、「株式会社 新典社」からの出品は弊社からの直送です。
  • 領収書等各種書類については、Amazon.co.jp上でお手続きください。弊社から書類を発行することはできません。

PayPalでご購入(クレジット決済のみ)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から、弊社に直接、書籍をご注文をいただくことができます。
  • 発送は日本国内のみ、送料は全国一律で650円(税抜)です。
  • ご注文後、弊社より在庫状況および発送予定日をご連絡申し上げます。
  • 品切、あるいは倉庫からの取り寄せとなる可能性がございます。
  • お客様都合によるキャンセルの受け付けは、発送予定日前日までとなります。
  • 品切の際は、PayPal決済を未承認とし、ご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
  • 一部品切の際は改めてご連絡を申し上げます。
  • 発送は、佐川急便です。発送完了後に問い合わせ番号を添えてご連絡申し上げます。
  • お問い合わせはできるだけ、メールにてお願い申し上げます。

その他支払方法をご希望の方

  • 「メールでのお問い合わせはこちら」からお問い合わせください。