平安朝の文学と装束

¥11,500

平安時代の装束と周辺文化とは。装束の復元を含む形状としての考察と、文学表現から当時の衣生活や認識を考察。装束生地見本封入。


著者 畠山大二郎 著
カテゴリー 新典社研究叢書
判型 A5上製函
ISBN 978-4-7879-4282-1
商品コード: 9784787942821 商品カテゴリー:

目次

凡例

第一編 文学作品の中の装束表現
第一章 『落窪物語』の「裁つ」―落窪の君の裁断行為を中心として―
第二章 『源氏物語』の「中の衣」と「綻び」―「紅葉賀」巻を中心として―
第三章 『源氏物語』の「ひきつくろふ」直衣姿―「松風」巻における光源氏の装束表現を中心として―
第四章 『源氏物語』の「衣の裾を引きならいたまふ」―「少女」巻における夕霧の懸想を中心として―
第五章 『源氏物語』の被け物―「若菜上」巻における「女の装束に細長添へて」を中心として―

第二編 装束の実態と表現
第一章 『源氏物語』の「端袖」―「綻び」「ゆだち」を中心として―
第二章 『源氏物語』の「扇」―朧月夜の扇を中心として―
第三章 『源氏物語』の「細長」―玉鬘の装束表現を中心として―
第四章 『源氏物語』の「柳の織物」―「若菜下」巻における明石の君の装束表現を中心として―
第五章 平安文学の「織物」―『狭衣物語』を中心として―
第六章 平安文学の裳の種類―「薄色の裳」を中心として―

第三編 日本文化としての装束表現
第一章 平安時代中期から後期における装束の復元―形状と寸法の問題を中心として―
第二章 『紫式部日記』の「小袿」―二の宮の御五十日を中心として―
第三章 『紫式部日記』の「無紋の青色に桜の唐衣」―三重襲と無紋綾織組織の問題を中心として―
第四章 國學院大學図書館蔵『住吉物語』絵の装束表現―嵯峨野の野遊びの場面を中心として―

初出・原題一覧
あとがき
索引

Amazonでご購入(各種決済対応)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から「Amazonで購入」をクリックまたはタップし、リンク先でご購入ください。
  • Amazon.co.jpに在庫がない書籍も、版元ならびに倉庫には在庫がある可能性がございます。品切表示の折はお問い合わせください。
  • Amazonマーケットプレイスにおける、「株式会社 新典社」からの出品は弊社からの直送です。
  • 領収書等各種書類については、Amazon.co.jp上でお手続きください。弊社から書類を発行することはできません。

PayPalでご購入(クレジット決済のみ)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から、弊社に直接、書籍をご注文をいただくことができます。
  • 発送は日本国内のみ、送料は全国一律で650円(税抜)です。
  • ご注文後、弊社より在庫状況および発送予定日をご連絡申し上げます。
  • 品切、あるいは倉庫からの取り寄せとなる可能性がございます。
  • お客様都合によるキャンセルの受け付けは、発送予定日前日までとなります。
  • 品切の際は、PayPal決済を未承認とし、ご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
  • 一部品切の際は改めてご連絡を申し上げます。
  • 発送は、佐川急便です。発送完了後に問い合わせ番号を添えてご連絡申し上げます。
  • お問い合わせはできるだけ、メールにてお願い申し上げます。

その他支払方法をご希望の方

  • 「メールでのお問い合わせはこちら」からお問い合わせください。