東京裁判の思想課題―アジアへのまなざし

¥2,200

東京裁判史観を政治的イデオロギーとしてとらえるのではなく「思想課題」として読み解く。東京裁判をめぐる言説は、近代日本がアジアをどのように認識していたのか知る、重要な手がかりでもある。


著者 野村幸一郎 著
カテゴリー 新典社選書 107
判型 B6並製カバー
ISBN 978-4-7879-6857-9
商品コード: 9784787961815-1-1-1-1-1-1-2-1-1-1-1 商品カテゴリー:

説明

目次

 序 保田與重郎の東京裁判批判―問題の所在

Ⅰ 徳富蘇峰の「国民」観念―明治維新と昭和の戦争
 はじめに
 満州事変への関心
 「八紘為宇」の行方
 天皇制とアジア主義

Ⅱ 松井石根の大亜細亜主義―「同胞」と「皇国民」
 はじめに
 松井石根と東京裁判
 満州事変以前における松井の中国分析
 満州事変の世界史的立場
 宇都宮太郎と松井石根
 満州事変から日支事変へ
 「亜細亜的精神」の問題圏
 南京事件

Ⅲ 大川周明の「三国意識」―アジアの解放と文化主義
 はじめに
 東条英機宛書簡をめぐる応答
 維新の精神
 アジアとの連帯
 イスラム教への傾斜

Ⅳ 竹山道雄のファシズム論―近代文明の光と影
 はじめに
 「文明」の裁きへの疑念
 ハイド氏のファシズム
 竹山の反戦平和思想

Ⅴ 堀田善衛と南京事件―『時間』における歴史と実存の往還
 はじめに
 東京裁判との交錯
 マギー証言との距離
 反美学としての『時間』
 歴史と実存
 アンガージュの輻輳性

Ⅵ 阿川弘之が語る開戦への道程―『米内光政』と東京裁判史観の死角
 はじめに
 米内光政の中国認識
 日支事変への道程
 米内の開戦責任
 三国同盟
 海軍の功利主義

 あとがき―坂口安吾のまなざし

Amazonでご購入(各種決済対応)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から「Amazonで購入」をクリックまたはタップし、リンク先でご購入ください。
  • Amazon.co.jpに在庫がない書籍も、版元ならびに倉庫には在庫がある可能性がございます。品切表示の折はお問い合わせください。
  • Amazonマーケットプレイスにおける、「株式会社 新典社」からの出品は弊社からの直送です。
  • 領収書等各種書類については、Amazon.co.jp上でお手続きください。弊社から書類を発行することはできません。

PayPalでご購入(クレジット決済のみ)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から、弊社に直接、書籍をご注文をいただくことができます。
  • 発送は日本国内のみ、送料は全国一律で650円(税抜)です。
  • ご注文後、弊社より在庫状況および発送予定日をご連絡申し上げます。
  • 品切、あるいは倉庫からの取り寄せとなる可能性がございます。
  • お客様都合によるキャンセルの受け付けは、発送予定日前日までとなります。
  • 品切の際は、PayPal決済を未承認とし、ご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
  • 一部品切の際は改めてご連絡を申し上げます。
  • 発送は、佐川急便です。発送完了後に問い合わせ番号を添えてご連絡申し上げます。
  • お問い合わせはできるだけ、メールにてお願い申し上げます。

その他支払方法をご希望の方

  • 「メールでのお問い合わせはこちら」からお問い合わせください。