源氏物語 読解と享受資料考

¥18,400

源氏物語はどう読まれてきたか。中世の古注釈からはじまり、里村紹巴が三条西公条の講釈聞書をまとめた紹巴抄を検討し、近世の資料にまで至る。著者架蔵近世梗概本の紹介・翻刻・作中歌索引つき。


著者 妹尾好信 著
カテゴリー 新典社研究叢書
判型 A5上製函
ISBN 978-4-7879-4307-1
商品コード: 9784787943071 商品カテゴリー:

目次

《序章に代えて》『源氏物語』の先行物語受容―『竹取』『伊勢』『落窪』など―

第一部 読解と享受に関する瞥見
 第一章 桐壺の更衣哀惜と「桐壺の女御」幻想―桐壺の更衣最後の言葉の解釈から中世王朝物語に登場する「桐壺の女御」に及ぶ―
 第二章 人の親の心は闇か―『源氏物語』最多引歌考―
 第三章 玉鬘論―玉鬘物語の構想と展開―
 第四章 『雲隠六帖』は『源氏物語』の何を補うか

第二部 『源氏物語抄』(『紹巴抄』)の古活字本・整版本と増注本をめぐって
 第一章 広島大学蔵刊本『源氏物語抄』(『紹巴抄』)とその書き入れについて
 《翻刻》広島大学蔵刊本『源氏物語抄』(『紹巴抄』)第一冊欄外・行間書き入れ注(付・考察)
 第二章 『源氏物語抄』(『紹巴抄』)の古活字本と整版本
 第三章 『源氏物語抄』(『紹巴抄』)の古活字本から整版本へ―項目異同から見た改訂の様相―
 第四章 講釈聞き書きから注釈書へ―『源氏物語抄』(『紹巴抄』)の写本、古活字本、そして整版本―
 第五章 宮城県図書館蔵猪苗代兼如増注『源氏物語抄』(『紹巴抄』)について

第三部 近世期享受資料の成立と伝本
 第一章 『源氏栄鑑抄』の基礎的研究
 第二章 『源氏外伝』諸本考・序説
 第三章 堀内昌郷『葵の二葉』の成立過程管見
 第四章 架蔵『小源氏』考―梗概書と「源氏物語歌集」とのあわい―
 《付説》梗概書(中世における)
 《資料翻刻》架蔵『小源氏』(乾・坤)

 初出一覧
 あとがき
 《付録》架蔵『小源氏』作中和歌索引ならびに現代主要注釈書和歌所在一覧(加藤伸江編)
 索  引

Amazonでご購入(各種決済対応)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から「Amazonで購入」をクリックまたはタップし、リンク先でご購入ください。
  • Amazon.co.jpに在庫がない書籍も、版元ならびに倉庫には在庫がある可能性がございます。品切表示の折はお問い合わせください。
  • Amazonマーケットプレイスにおける、「株式会社 新典社」からの出品は弊社からの直送です。
  • 領収書等各種書類については、Amazon.co.jp上でお手続きください。弊社から書類を発行することはできません。

PayPalでご購入(クレジット決済のみ)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から、弊社に直接、書籍をご注文をいただくことができます。
  • 発送は日本国内のみ、送料は全国一律で650円(税抜)です。
  • ご注文後、弊社より在庫状況および発送予定日をご連絡申し上げます。
  • 品切、あるいは倉庫からの取り寄せとなる可能性がございます。
  • お客様都合によるキャンセルの受け付けは、発送予定日前日までとなります。
  • 品切の際は、PayPal決済を未承認とし、ご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
  • 一部品切の際は改めてご連絡を申し上げます。
  • 発送は、佐川急便です。発送完了後に問い合わせ番号を添えてご連絡申し上げます。
  • お問い合わせはできるだけ、メールにてお願い申し上げます。

その他支払方法をご希望の方

  • 「メールでのお問い合わせはこちら」からお問い合わせください。