源氏物語 引用とゆらぎ

¥10,000

作り手が、読み手との間の解釈の「ゆらぎ」の不可避性を利用して物語世界を構築した痕跡をたどり、源氏物語の「引用」の創造性と共有される記憶とのかかわりについて新たに考究する。


著者 中西智子 著
カテゴリー 新典社研究叢書
判型 A5上製カバー
ISBN 978-4-7879-4310-1
商品コード: 9784787943101 商品カテゴリー:

目次

 凡例
 序 本書の目的と構成―引用とゆらぎの創造性―

第一部 「作り手」の営為と表現の磁場―女君の〈官能性〉と〈老い〉の形象―

 第一章 紫君および女三宮と〈誘う女〉の仮面―蓄積された古歌と機知的応酬―
 第二章 玉鬘における「根」と「寝」の重層的展開―植物に関する歌語と多義性の問題―
 第三章 欲望の「くさはひ」としての玉鬘造型―催馬楽・風俗歌・万葉歌の古めかしさと斬新さ―
 第四章 朧月夜および玉鬘と〈藤原氏の女〉との恋―うたことばの反復と人物造型の重なり―
 第五章 浮舟と「世の中にあらぬところ」の希求―女君の隠棲願望と嘆老歌の系譜―
 第六章 朝顔斎院および浮舟と〈墓場の女〉の情景―白詩「陵園妾」を相対化するまなざし―
 第七章 浮舟の〈老い〉と梅香の記憶―『紫式部集』「さだすぎたるおもと」像との相互関連性―

第二部 『源氏物語』交流圏としての彰子後宮―「作り手」圏内の記憶と連帯―

 第一章 『為頼集』と『源氏物語』―具平親王文化圏からの視座―
 第二章 彰子および一条天皇による物語摂取
 第三章 彰子方女房による物語摂取(一)―伊勢大輔の場合―
 第四章 彰子方女房による物語摂取(二)―同僚達の和歌を中心に―
 第五章 大斎院選子方による物語摂取―「作り手」圏外からの視座―

 結 本書のまとめと展望

 初出一覧
 あとがき
 索引
 The Tale of Genji : Citation and Fluidity

Amazonでご購入(各種決済対応)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から「Amazonで購入」をクリックまたはタップし、リンク先でご購入ください。
  • Amazon.co.jpに在庫がない書籍も、版元ならびに倉庫には在庫がある可能性がございます。品切表示の折はお問い合わせください。
  • Amazonマーケットプレイスにおける、「株式会社 新典社」からの出品は弊社からの直送です。
  • 領収書等各種書類については、Amazon.co.jp上でお手続きください。弊社から書類を発行することはできません。

PayPalでご購入(クレジット決済のみ)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から、弊社に直接、書籍をご注文をいただくことができます。
  • 発送は日本国内のみ、送料は全国一律で650円(税抜)です。
  • ご注文後、弊社より在庫状況および発送予定日をご連絡申し上げます。
  • 品切、あるいは倉庫からの取り寄せとなる可能性がございます。
  • お客様都合によるキャンセルの受け付けは、発送予定日前日までとなります。
  • 品切の際は、PayPal決済を未承認とし、ご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
  • 一部品切の際は改めてご連絡を申し上げます。
  • 発送は、佐川急便です。発送完了後に問い合わせ番号を添えてご連絡申し上げます。
  • お問い合わせはできるだけ、メールにてお願い申し上げます。

その他支払方法をご希望の方

  • 「メールでのお問い合わせはこちら」からお問い合わせください。