王朝文学の〈旋律〉

¥11,660

20年来続く研究会から生まれた多様な学智が奏でる集大成。作品に向き合い、新たな可能性を探り、分析を試みる。源氏・枕草子・更級・大和・うつほ・落窪ほか王朝物語や貴族日記を論じる16本。


著者 伊藤禎子・勝亦志織 編
カテゴリー 新典社研究叢書 347
判型 A5上製カバー
ISBN 978-4-7879-4347-7
商品コード: 9784787943477 商品カテゴリー:

説明

目次

『更級日記』論の可能性―鏡像の世界(神田 龍身)
『大和物語』の父娘(近藤 さやか)
『うつほ物語』における唱和歌群の役割(三原 まきは)
『うつほ物語』くりかえされる俊蔭の娘像―物語展開の一手法として―(富澤 萌未)
『落窪物語』における「着せられること」と「脱がされること」(手塚 智惠子)
『枕草子』における中宮定子の「語り」と「書記」―「清涼殿の丑寅の隅の」章段から―(勝亦 志織)
『源氏物語』「若紫」巻と『枕草子』とのかかわり―「呪詛」としての『枕草子』(伊勢 光)
匂宮を巡る「視線」―大君を通じて(新田 紗穂子)
『源氏物語』宇治十帖における「童」―物語を動かす童たち―(伊藤 優紀奈)
浮舟の「手習」論―贈答としての手習―(増田 高士)
恋敵を演じる男たち―『夜の寝覚』における恋の諸相(千野 裕子)
『殿暦』論序説―「父」師通をめぐって―(中丸 貴史)
『とりかへばや』の吉野宮について(福里 将平)
『松浦宮物語』まことそらごとの物語論(伊藤 禎子)
『あさぢが露』の書誌再検討―書写状況と巻末の脱落を考える(武藤 那賀子)
『いはでしのぶ』の雪―過去と現在の対照―(毛利 香奈子)

  あとがき
  執筆者紹介

Amazonでご購入(各種決済対応)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から「Amazonで購入」をクリックまたはタップし、リンク先でご購入ください。
  • Amazon.co.jpに在庫がない書籍も、版元ならびに倉庫には在庫がある可能性がございます。品切表示の折はお問い合わせください。
  • Amazonマーケットプレイスにおける、「株式会社 新典社」からの出品は弊社からの直送です。
  • 領収書等各種書類については、Amazon.co.jp上でお手続きください。弊社から書類を発行することはできません。

PayPalでご購入(クレジット決済のみ)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から、弊社に直接、書籍をご注文をいただくことができます。
  • 発送は日本国内のみ、送料は全国一律で650円(税抜)です。
  • ご注文後、弊社より在庫状況および発送予定日をご連絡申し上げます。
  • 品切、あるいは倉庫からの取り寄せとなる可能性がございます。
  • お客様都合によるキャンセルの受け付けは、発送予定日前日までとなります。
  • 品切の際は、PayPal決済を未承認とし、ご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
  • 一部品切の際は改めてご連絡を申し上げます。
  • 発送は、佐川急便です。発送完了後に問い合わせ番号を添えてご連絡申し上げます。
  • お問い合わせはできるだけ、メールにてお願い申し上げます。

その他支払方法をご希望の方

  • 「メールでのお問い合わせはこちら」からお問い合わせください。