王朝歴史物語史の構想と展望

¥20,000

「王朝歴史物語」と総称される『栄花物語』『大鏡』『今鏡』をめぐって、前・同時代の物語文学や和歌、日記作品、歴史的事象、思想、信仰などとの関わりを視野に考察し、新たな構想と展望を示す30本の論考。


著者 加藤 静子・桜井 宏徳 編
カテゴリー 新典社研究叢書
判型 A5上製函
ISBN 978-4-7879-4271-5
商品コード: 9784787942715 商品カテゴリー:

目次

  まえがき(桜井宏徳)

Ⅰ 王朝歴史物語史を拓く

『栄花物語』正編・『同』続編・『大鏡』(福長進)

歴史物語の基軸としての「世継三作」(福田景道)

『栄花物語』正編から続編へ(池田尚隆)

女房文学史の中の『栄花物語』(加藤静子)

『大鏡』から『無名草子』へ(桜井宏徳)

Ⅱ 王朝歴史物語の表現世界

【栄花物語】

『栄花物語』主要伝本類概説(久保木秀夫)

『栄花物語』における性と権力(木村朗子)

身体の共有と違和(鈴木貴子)

死者を抱く(塩見優)

『栄花物語』における藤原威子(中村成里)

【大鏡】

歴史語りの「き」(藤井貞和)

『大鏡』の文章を考えるために(三角洋一)

『大鏡』における道長女子の扱い方(源倫子系)(森下純昭)

『大鏡』の花山院(中島俊博)

『大鏡』における兼家像(辻和良)

【今鏡】

『今鏡』後三条紀の叙述意識(小島明子)

『今鏡』寸描(蔦尾和宏)

今鏡の語りと弥勒信仰(陶山裕有子)

Ⅲ 王朝歴史物語をめぐる文学史

栄花物語の歌会記事について(浅田徹)

『栄花物語』と仮名日記(福家俊幸)

『栄花物語』の後宮史叙述(室田知香)

住み処をめぐる語り(井上眞弓)

後冷泉朝文化圏と『栄花物語』続編(和田律子)

『栄花物語』と中世王朝物語の関係について(横溝博)

『うつほ物語』『大鏡』の任官・昇進描写(松野彩)

漢文日記と歴史物語に関する一考察(中丸貴史)

喰ってかかる『愚管抄』(深沢徹)

Ⅳ 王朝歴史物語史への視座

『栄花物語』と唐物(河添房江)

「駒競行幸絵巻」の主題について(河田昌之)

佐藤謙三と歴史物語(関根賢司)

  あとがき(加藤静子)

  執筆者紹介

Amazonでご購入(各種決済対応)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から「Amazonで購入」をクリックまたはタップし、リンク先でご購入ください。
  • Amazon.co.jpに在庫がない書籍も、版元ならびに倉庫には在庫がある可能性がございます。品切表示の折はお問い合わせください。
  • Amazonマーケットプレイスにおける、「株式会社 新典社」からの出品は弊社からの直送です。
  • 領収書等各種書類については、Amazon.co.jp上でお手続きください。弊社から書類を発行することはできません。

PayPalでご購入(クレジット決済のみ)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から、弊社に直接、書籍をご注文をいただくことができます。
  • 発送は日本国内のみ、送料は全国一律で650円(税抜)です。
  • ご注文後、弊社より在庫状況および発送予定日をご連絡申し上げます。
  • 品切、あるいは倉庫からの取り寄せとなる可能性がございます。
  • お客様都合によるキャンセルの受け付けは、発送予定日前日までとなります。
  • 品切の際は、PayPal決済を未承認とし、ご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
  • 一部品切の際は改めてご連絡を申し上げます。
  • 発送は、佐川急便です。発送完了後に問い合わせ番号を添えてご連絡申し上げます。
  • お問い合わせはできるだけ、メールにてお願い申し上げます。

その他支払方法をご希望の方

  • 「メールでのお問い合わせはこちら」からお問い合わせください。