詠歌としての和歌 和歌会作法・字余り歌―付〈翻刻〉和歌会作法書―

¥15,000

テキストを中心としてきた研究史の中にあって、さほど重視されてこなかった和歌の「詠歌」としての側面に光をあて、往時の歌人がいかにその「場」や「音声」を重視してきたかを明らかにする。また、中世中期以降、長く歌壇で中心的な位置を占めてきた二条派歌壇が、なぜこれほどまでに評価され存続してきたのかという和歌史上の重要な問題点に、同じく「詠歌としての和歌」という側面から迫る。巻末には、本書の論考の資料として和歌会作法書の翻刻を掲載。


著者 山本啓介 著
カテゴリー 新典社研究叢書
判型 A5上製
ISBN 978-4-7879-4196-1
商品コード: 9784787941961 商品カテゴリー:

目次

論考編
  序説
 第一章 和歌会における行為と場について―中世和歌会の様相を中心に―
 第二章 和歌における音韻意識と表現について ―字余り歌を定点として―
 第三章 和歌史上の問題点について ―二条派存続の理由をめぐって―
  終章
資料編〈翻刻〉和歌会作法書

 おわりに
 索引

Amazonでご購入(各種決済対応)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から「Amazonで購入」をクリックまたはタップし、リンク先でご購入ください。
  • Amazon.co.jpに在庫がない書籍も、版元ならびに倉庫には在庫がある可能性がございます。品切表示の折はお問い合わせください。
  • Amazonマーケットプレイスにおける、「株式会社 新典社」からの出品は弊社からの直送です。
  • 領収書等各種書類については、Amazon.co.jp上でお手続きください。弊社から書類を発行することはできません。

PayPalでご購入(クレジット決済のみ)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から、弊社に直接、書籍をご注文をいただくことができます。
  • 発送は日本国内のみ、送料は全国一律で650円(税抜)です。
  • ご注文後、弊社より在庫状況および発送予定日をご連絡申し上げます。
  • 品切、あるいは倉庫からの取り寄せとなる可能性がございます。
  • お客様都合によるキャンセルの受け付けは、発送予定日前日までとなります。
  • 品切の際は、PayPal決済を未承認とし、ご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
  • 一部品切の際は改めてご連絡を申し上げます。
  • 発送は、佐川急便です。発送完了後に問い合わせ番号を添えてご連絡申し上げます。
  • お問い合わせはできるだけ、メールにてお願い申し上げます。

その他支払方法をご希望の方

  • 「メールでのお問い合わせはこちら」からお問い合わせください。