王朝物語の表現生成―源氏物語と周辺の文学

¥14,000

物語はその内容を記すにあたってどのような表現を用い、どのような取捨選択をしたのか。源氏物語を中心とした王朝物語や和歌における表現のありようの考察を通して、物語の特性を追求する。


著者 末澤明子 著
カテゴリー 新典社研究叢書
判型 A5上製カバー
ISBN 978-4-7879-4315-6
商品コード: 9784787943156 商品カテゴリー:

目次

  凡  例
  はじめに

Ⅰ 物語と和歌
 一 和歌の解釈―『伊勢物語』十四段その他―
 二 引歌攷1―物語のことばの成立―
 三 引歌攷2―引歌論をめぐって―
 四 幻巻の哀傷と述懐
 五 「橋」の記憶と成語「夢の浮橋」
 六 『夜の寝覚』の歌ことば
 七 『とはずがたり』と『伊勢物語』―歌物語の〈影響〉覚書―

Ⅱ 物語に於ける見ること・聞くこと
 一 物語の主人公
 二 物語に於ける「声」の問題―『源氏物語』の場合―
 三 『狭衣物語』の「声」―和歌を中心に―
 四 「聞く」ことの機能―『夜の寝覚』の「声」―

Ⅲ 品々の狭間の物語
 一 明石君をめぐる用語について
 二 「なかなか」に関する異同と明石君―付・「かへりて」―
 三 大堰山荘の強飯
 四 『源氏物語』に於ける「うるはし」と梗概書―『源氏物語』読書史のための覚書―
 五 『源氏物語』の法華八講

Ⅳ 『源氏物語』の飾りと隔て
 一 『源氏物語』の飾りと隔て
 二 『源氏物語』の中の屏風をめぐって―語られなかったものの意味―
 三 水辺の追憶―『源氏物語』の庭園―
 四 『源氏物語』のガラス―宿木巻の藤花宴を手がかりに―
 五 平安文学に於ける瑠璃の二面性
 六 算賀・法会の中の茶文化と『源氏物語』―書かれざる唐物―

  あとがき
  索  引

Amazonでご購入(各種決済対応)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から「Amazonで購入」をクリックまたはタップし、リンク先でご購入ください。
  • Amazon.co.jpに在庫がない書籍も、版元ならびに倉庫には在庫がある可能性がございます。品切表示の折はお問い合わせください。
  • Amazonマーケットプレイスにおける、「株式会社 新典社」からの出品は弊社からの直送です。
  • 領収書等各種書類については、Amazon.co.jp上でお手続きください。弊社から書類を発行することはできません。

PayPalでご購入(クレジット決済のみ)

  • WEBサイトの書籍情報の頁から、弊社に直接、書籍をご注文をいただくことができます。
  • 発送は日本国内のみ、送料は全国一律で650円(税抜)です。
  • ご注文後、弊社より在庫状況および発送予定日をご連絡申し上げます。
  • 品切、あるいは倉庫からの取り寄せとなる可能性がございます。
  • お客様都合によるキャンセルの受け付けは、発送予定日前日までとなります。
  • 品切の際は、PayPal決済を未承認とし、ご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
  • 一部品切の際は改めてご連絡を申し上げます。
  • 発送は、佐川急便です。発送完了後に問い合わせ番号を添えてご連絡申し上げます。
  • お問い合わせはできるだけ、メールにてお願い申し上げます。

その他支払方法をご希望の方

  • 「メールでのお問い合わせはこちら」からお問い合わせください。